「ピーポくん」が突然、ムキムキマッチョイケメンスーパーピーポくん」に大変身―― 警視庁公式YouTubeチャンネルに投稿されているアニメ作品が話題になっています。

【画像で見る】「スーパーピーポくん」への変身シーン

 公開自体は2年前なのですが、あまりにも唐突な展開に再び注目が集まったもよう。なぜこの作品が誕生したのか、警視庁に直接話を伺ったところ……ピ、ピーポくんの世界は1つではなかった……だと!?

 警視庁2017年マスコットキャラクター「ピーポくん」誕生30周年を記念して、同キャラ子ども向けアニメを制作(全6本)。1話完結構成になっており、基本的には「他人に犯罪をさせようとしたり、間違った交通ルールを吹き込んだりと悪さをする『怪獣』が現れる → ピーポくんが助けに入る」という分かりやすい流れになっています。

 しかし、ネット上で話題になったのは、ストーリーとはほぼ無関係な第4話のワンシーン。2頭身サイズのピーポくんが突如として人間サイズの『スーパーピーポくん』に変身し、その分厚い胸板、キリッとした眉毛が似合う凛々しい顔つき、今になって履き始めたズボンなどに、大きなお友達の目はくぎ付けになってしまったようです。

 公開当時、メディアでも「誕生30年で筋肉ムキムキ」、「リアル調の『スーパーピーポくん』」、「誰だお前」などと紹介されていました。

 そのため、熱心なピーポくんファンの皆さんはすでに視聴済みかもしれませんが、公開から2年たった2019年、この第4話が再びTwitter上で紹介され、大フィーバー。「そんな設定聞いてない」「あまりの超展開についていけない」「『チャージマン研!』の再来」といった声が寄せられています。

 時をへても色あせることのないインパクトで、われわれのハートを捉えてやまないナイスガイ・スーパーピーポくん。彼はなぜ誕生したのか、警視庁に直接聞いてみました。

 同庁広報課によれば、このアニメは電通に制作を委託したもので、警視庁による監修も行われていたとのこと。ですが、スーパーピーポくんは「警視庁が関わっている公式設定」ではなく、あくまでも「アニメ内限定の設定」という扱いだとか。「メディアミックスの結果、原作とアニメ版で設定が変わってしまう」というのはよくある話ですが、どうやらピーポくんもそんな“パラレルワールド”の住人だったようです。

 ちなみに、ピーポくんはグッズ展開されており、府中運転免許試験場(東京都)などで販売。そこで「スーパーピーポくんのグッズ化予定はありますか?」とも質問したのですが、「当課ではお答えできない」との回答でした。

どうしてこうなった。


(出典 news.nicovideo.jp)

【動画付き】警視庁のピーポくん 誕生30年で筋肉ムキムキに 歌・篠原ともえ 振り付け・パパイヤ鈴木のテーマソングも豪華に - 産経ニュース
警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」が、夢の中で変身し、8頭身の筋肉ムキムキ姿に変身する-。警視庁のこんな公式動画が話題になっている。これまで警視庁の ...
(出典:産経ニュース)


目:社会すみずみまで見わたすためのもの ピーポくんは元々、警視庁広報課が発案しキャラクターデザイナーと共同で製作したもので、その著作権は警視庁に帰属し、商標登録もされている(登録権利者は東京都)。そのため、テレビ番組やコミックなどでピーポくんをモデルにしたキャラクター(あるいはピーポくんそのもの)を登場させる際には、「ピーポくん」などと言い換えられることがある。
7キロバイト (575 語) - 2017年9月17日 (日) 11:10



(出典 amd.c.yimg.jp)


ピーポくんの世界は一つではなかった!?

<このニュースへのネットの反応>

【警視庁のマスコット「ピーポくん」が突然、 ムキムキの「スーパーピーポくん」に大変身!】の続きを読む