19日、東京・東池袋で暴走する車に跳ねられ、松永莉子ちゃん(3)と母親の松永真菜さん(31)が死亡し、8人が重軽傷を負った事件。車を運転していたのは、旧通産省 工業技術院の飯塚幸三元院長(87)。飯塚氏はガードパイプに接触した後もハンドル操作をせず、アクセルを踏み続けたまま2カ所の交差点を制限速度を超える猛スピードで走り抜けていたという。

 また21日、兵庫・神戸市のJR三ノ宮駅付近で、市営バス横断歩道に突っ込み歩行者を跳ねる事故が発生。大学3年生の柳井梨緒さん(20)とアルバイトの那須勇成さん(23)が死亡、男女6人が重軽傷を負い、運転していた大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の疑いで逮捕した。
 87歳と64歳という高齢者の運転で起こった事故。「警視庁交通総務課統計」によると、高齢運転者(第1当事者)の交通事故発生件数は減少傾向にあるものの、事故全体に占める高齢運転者の事故割合は増加している。また、MS&ADインターリスク総研株式会社によれば、運転に自信がある人の割合は、20代から年齢が増すほど低くなる傾向にあるが、65歳を境に再び上昇。80歳以上は72.0%が「自信アリ」と答えている。

 こうした傾向について、臨床心理士で明星大学准教授の藤井靖氏は「メタ認知能力」が関わっていると分析する。
 「自分のことを客観的にみるメタ認知能力が、だんだん落ちていくんだと思う。一方で、年齢と有能感には相関関係があって、年齢が高くなるほど『自分はなんでもできる』という感覚が増すことも指摘されている。80代となると免許自体持っている人が減り、自分は『運転できる人なんだ』と。実年齢に対し、主観的年齢を子どもの時は高く、年齢を増すほど低くみるともされている」

 75歳以上になると、免許更新の際に認知機能検査と高齢者講習が実施される。認知機能検査では、検査時の年月日や曜日、時間を記載する「時間の把握」、4種類のイラストを記憶し思い出す「手がかり再生」、白紙の解答用紙に指定した時計の文字盤を描く「時計描画」などが実施される。
 しかし、藤井氏は検査項目が不足しているとの見方を示し、「これらの質問項目は、我々が病院で認知症の疑いがある方に検査をする内容の一部。脳には遂行機能といって、物事の計画を立てたり順序立てて実行したり、複数のことに注意を払う運転に必要な能力だが、この検査ではその能力が高いのか、以前より落ちたのかはわからない。高齢者講習も基本的には指導で強制力もないので、事故を誘発する背景にはあると思う」と言及。

 では、年を重ねて有能感が増した人を家族が説得することは可能なのか。藤井氏は「関心と納得」がキーワードだとし、「本人が自分の運転能力や年齢に関心を持って、大丈夫かどうかを自己確認する。納得するにもプロセスが必要で、定年退職を控えた時にその前から心の準備をするように、運転がまだ大丈夫な時から自分に関心を持って、これから車なしでどうやって生活するかを判断する時間を持つ。高齢者には高齢者の不満はあると思うので、何歳になったら免許を取り直すなどの国の制度が備わっていくべき」だとした。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)▶︎防犯カメラに猛スピードで通過する車の映像
MRXJ2J/A


(出典 news.nicovideo.jp)

池袋暴走事故で考える高齢者の運転、高齢になるほど「運転に自信アリ」のデータも - AbemaTIMES
19日、東京・東池袋で暴走する車に跳ねられ、松永莉子ちゃん(3)と母親の松永真菜さん(31)が死亡し、8人が重軽傷を負った事件。車を運転していたのは、旧通産省 工業 ...
(出典:AbemaTIMES)


高齢者、75歳以上を後期高齢者とされる。 高齢者の医療の確保に関する法律、およびそれに付随する各種法令では、65~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と規定している。 高年齢者 - 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(略称:高年齢者雇用安定法)における「高年齢者」とは、55歳以上のを言う。
15キロバイト (2,293 語) - 2019年3月13日 (水) 06:02



(出典 www.cars.jp)


運転歴が長いということで自信過剰になってしまうのだろうか?

<このニュースへのネットの反応>

客観性の無い自信過剰が、自意識過剰の中二病のようだ。


どこからそんな自信が湧いて出てくるの?これも脳機能低下の現れかもね。


社会に生きている自覚があれば、失うものも大きいので慎重に行動する。後先考えない若い世代や定年退職で社会から離れた世代は、リスクに無頓着になり、詐欺に引っかかったり無謀な投資をする傾向があるのではないか?


自信がなくなったら一気に老け込むから分からせていかないとな


何十年も運転しているという自信があるので、自分は平気と思ってしまう。その結果少しづつ反応が劣化していても気づかないことも


「今まで運転してきた」という意味のない自負が己の身体能力の衰えを自覚させない慢心を作る。更新試験で反射神経と視覚野検査の為のタッチパネルを設置するべき例えば【スープリュームビジョン】みたいなやつな。数値化されれば自覚できるし、返納を納得する要素にもなる


これの犯人は元通産省工業技術院院長の上級国民様みたいだから、基本運転禁止の決まり事を作っても例外事項も作って、自分は例外だからで運転し続けるだけぞ


もう高齢者がの話じゃなくなったよねコレ


高齢者ドライバー全て免許返上しろとは言わないが、更新期間の見直しは必須だと思う。3年とか5年でなく、数か月単位で更新させるべき。


加齢という名のドラッグ。運転自体は、もう自動運転の普及に頼るしかない


ご老人の「事故ってない」「ずっとゴールド免許だ」と言いつつも、ボディ見てみると擦り傷が沢山ある。みたいなことも珍しくない。 それも客観的に見られず自覚がないからってことなんだろうねえ。


それでも法整備が進まないのは、高齢者の財布が開かなくなって国庫収納が立ちいかなくなるのが嫌なんだよね・・・


自信以前の問題。足が満足に動かないという本来運転をしてはいけない状態でやってる


長年の運転に自信持つのは結構だが、これだけは忘れちゃいけない…車は便利だが容易く「凶器」になる事を。


この星の人間は歳を取る程にやりたい放題だ。『バコォ!!ドグッ!!グモビチィッ!!!』最近では車で若者に乗り上げることが密かなブームになっているようだ。しかしこの国の電信柱は『ドゴンッ!!パシュ~』・・・強い。【宇宙人ショーンの調査記録】


調べたら高齢者運転の他人を*率って飲酒運転より多いじゃん 能力低下してる高齢者が大勢運転してるってことは絶対数が多い分飲酒運転より危険度が圧倒的に上 国土交通省は先進のリハビリ技術のある場所と提携して免許保持者の機能訓練義務化したほうがいい 免許合宿で高齢者講習に来てる人みたがこんな奴に免許保持させてるのかよと愕然とした記憶あるぞ


車の運転に限らず色々と傲慢だよ、あの世代は


80歳超えで車を運転するのがおかしいのに、その上運転に自信アリって、それ呆けがきて認知機能が低下してるでしょ。


聞けば聞くほど今の高齢者世代の気質が隣国人に似ていると思える。単に主観重視だけじゃない。自己優位に基づく根拠の無い自信もそう。この世代の人たちが戦中日本のために散々苦労した世代の人を愚弄する発言なんかも山ほど聞くし、下の世代をこれまたミソカスに貶すのも効く。そりゃ世代対立も深まるわけだ。


50km制限の道をひたすら30kmでトロトロ走って大渋滞を引き起こしてる車・ハザードつけたまま何キロも走ってる車・方向指示器を使わずにゆらぁ〜っと車線変更する車って、確認するとすごい確率で老人なんだよな。そういう奴らも「事故を起こしてないから自分は運転上手いんだ!!」って思ってそうで怖い。危なっかしいからみんな距離取って(避けて)運転してるだけなのにな。