インドネシアで「どう見てもガンダムな石像」が発見されたという記事がTwitterで話題になっていますが、その苔むした石像をプラモデルで再現した人が早速現れました。完全にこれですわ……。

【別角度画像】どう見てもガンダムな石像

 ニュースサイトGIGAZINEの「どう見てもガンダムな石像がインドネシアで発見される、地元民は数百年前のものと証言か」という記事で紹介された、数百年前に作られたらしい“どう見てもガンダムな石像”をプラモデルを使って再現しています。ボロボロな色合いと苔が良い感じにそっくり。

 制作・投稿したのは、なぎささん。同記事が4月16日13時公開ですが、その日の23時に公開するという仕事の早さに「作業速度がトランザム…!」の声が寄せられ、その再現度の高さを称賛する声とともに「まるでエクシアのようですね!」という声が上がっています。ちなみになぎささんによると「ガンダムエクシア(1/144ケール)」のプラモデルを使ったとのこと。

 なお、元ネタは海外ユーザーによってTwitterに投稿された、Instagramスクリーンショットと思われる画像。真偽は不明ですが、「地元民がこの石像はマジャパヒト王国時代(※数百年前)に作られたと証言した」といった旨の文章が書かれていることから話題になったようです。

 ガンダムエクシアが登場するテレビアニメ機動戦士ガンダム00」が2007年に放送開始なので、その頃に作られたものが放置され苔むしたと考えるのが自然かもしれません。それにしてもロマンのある見た目なのは間違いない。

 なぎささんは台座も元ネタと同じように岩っぽくし、猫草を背景に自然光で撮影したこだわりのショットも公開。そのうち台座に苔も付けるとのことで、“数百年前に作られた石像”がプラモデルで完全再現されそうです。

発見された“どう見てもガンダムな石像”を見事に再現……!(画像提供:@oshimanagisaさん)


(出典 news.nicovideo.jp)

どう見てもガンダムエクシア……! インドネシアで発見された「どう見てもガンダムな石像」をプラモで再現 - ねとらぼ
インドネシアで「どう見てもガンダムな石像」が発見されたという記事がTwitterで話題になっていますが、その苔むした石像をプラモデルで再現した人が早速現れました。
(出典:ねとらぼ)


『HG 1/144 ガンダムエクシア』バンダイ、2007年10月、組立説明書。 ^ a b c d e プラモデル「ガンダムエクシア」組立説明書, 1/100スケールモデル MG(マスターグレード) ガンダム00, バンダイ  ^ 『RG 1/144 ガンダムエクシア』バンダイ、2014年5月、組立説明書。
428キロバイト (62,567 語) - 2019年4月18日 (木) 09:18



(出典 news.biglobe.ne.jp)


ガンダムの石像を再現して凄すぎ

<このニュースへのネットの反応>

さすがに数百年前にこの造形は無いよなぁ・・・・・・・ないよね?


次はホワイトドールか?


汚し塗装がうまいだけじゃないかw


まさか月光蝶が実在の出来事だったなんてな


こういうのは嘘前提で楽しむのがいいんだけど、勘違いや本気にするやつがいるからなw


次は中央アジアでボロボロになったオージェ激似の石像がだな


ガンプラ職人の塗装技術には感心する


起源主張のせいでこういったジョークにアレルギーと食傷気味と中毒症状と拒否反応と不信感がいっぺんに来るから残念


これから数百年後に科学技術が発展して人型兵器での戦争がおこるけど、技術の発展が度を過ぎて時間を超越する方法も発見され、過去に跳んで戦争の火種を取り除くべく、現代よりももう少し昔に人型兵器を跳ばすことになる。これはそのうちの一つ。未来の技術をオミットして外装だけを残した「未来の残骸」なのだが、それが発覚するまではもう少し時間がかかる。 というお話だ。


たぶんタイムトラベラーの道楽どっかの砂漠のド真ん中に座り込んだダグラムの石像も置いてきてるはず


サムネの小さい画像だとジオングに見えた