子連れ狼」などで知られる劇画原作者の小池一夫さんが、4月17日に肺炎のため亡くなった。82歳だった。


小池さんの公式Twitterは19日、「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます」と伝え、「故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました」と報告。

そして「皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」と謝意をつづっている。

小池さんは1936年生まれ、秋田県出身。大学卒業後、さまざまな職を経験したのち、さいとうプロに所属し、初期の「ゴルゴ13」原作などにも携わった。1970年に独立後は、「子連れ狼」など数々の名作を世に送り出し、1977年には「小池一夫劇画村塾」を開設して後進の育成にも尽力。同塾出身者には高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、堀井雄二さくまあきら山本直樹らがいる。

また、近年はTwitterを活用。昨年夏からの入院生活中も頻繁に更新し、4月17日には、亡くなった「ルパン三世モンキー・パンチさんについて「モンキー・パンチさん、お亡くなりになったのか…。ルパン三世、大好きでした。ご冥福をお祈りします」「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。 淋しくなるなあ」とつづり、これが最後のツイートとなった。


(出典 news.nicovideo.jp)

漫画原作者 小池一夫さん死去 | 2019/4/19(金) 12:20 - Yahoo!ニュース
漫画「子連れ狼」「クライングフリーマン」などの原作で知られる小池一夫さんが、肺炎のため死去した。82歳。小池さんのツイッターで19日、発表された。
(出典:Yahoo!ニュース)


小池 一夫(こいけ かずお、本名及び僧号: 俵谷 星舟〈たわらや せいしゅう〉、旧名: 譲〈たわらや ゆずる〉、作詞家としての別名: 東 文彦〈あずま ふみひこ〉、1936年5月8日 - 2019年4月17日 )は、日本の漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。秋田県大仙市出身。男性、身長183
37キロバイト (5,333 語) - 2019年4月19日 (金) 03:38



(出典 cdnx.natalie.mu)


ご冥福をお祈りいたします。

<このニュースへのネットの反応>

な、なンだってーっ!?


「ン」の人のイメージしかなかったけどそこそこええ年行ってたんやな・・・


江風とお幸せに


モンキーパンチの後を追ったかの様だ


なンでリザレクションしないのよオォー!


逝ってもおかしくない年齢だけど寂しいねえ


ついに… 最近の色々な知らせにある程度覚悟はしていたものの。半端な読者ですが小池先生の世界、楽しませて頂きました。どうぞ安らかに。


クライング・フリーマンも泣いている


やはり80歳という年齢が目安となるのかなぁ・・・


ちょ、モンキーパンチさんは連載中ないけど、小池さんは連載中じゃなかったっけ


池上先生とのコンビが大好きでした ご冥福をお祈りいたします


続くな~、寂しい限りやね。