[パリ 17日 ロイター] - フランス政府は17日、ノートルダム寺院(大聖堂)の火災で焼け落ちた尖塔の修復に関し、デザインを世界中の建築家から公募すると発表した。

フランスでは、同寺院の尖塔を元通りの外観に修復すべきか、それとも近代的な要素を取り込むべきか、を巡りすでに議論が始まっているが、政府の発表によってこの議論が一段と活発になりそうだ。

マクロ大統領は16日、同寺院を今後5年以内に修復すると表明した。修復には著名実業家や国際的企業、地方自治体、個人が相次いで寄付や専門家による支援を申し出た。支援総額は17日時点で約9億ユーロとなっている。

ノートルダム寺院の建築は12世紀半ばに始まり、それから約200年にわたって築き上げられた。その後1800年代半ばの修復期間中に建築家ウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクが尖塔を付け加えた。

フィリップ首相は「国際的なコンペティションでは、尖塔をヴィオレ・ル・デュクによるものとされる設計通りに再建すべきかどうかを問い掛けることが許される」と指摘。「それとも、文化遺産を発展させる局面ではよくあるように、ノートルダムにわれわれの時代の技術と兆戦を反映した新たな尖塔を付けるべきかどうか」について検討すべきだと語った。

パリは伝統を守る傾向が強く、現在は国家的に親しまれているエッフェル塔やルーブル美術館ガラスピラミッドでさえ、当初は敬遠されていた。そのパリでは、ノートルダムの外観を変えることは支持されない可能性がある。

2000年から2013年までノートルダム寺院の屋根裏などの修復を手掛けた建築家ベンジャミン・ムートン氏は、修復に建築当時と同じ建材を使うという原則にこだわることは無意味であり、同寺院は既に「大きく変えられ、補強されている」と指摘。「一方でわれわれは寺院の輪郭を作り直し、尖塔を再建しなければならない。それは私にとっては絶対に必要なことだ」と述べた。

 4月17日、フランス政府は、ノートルダム寺院(大聖堂)の火災で焼け落ちた尖塔の修復に関し、デザインを世界中の建築家から公募すると発表した。パリで撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)


(出典 news.nicovideo.jp)

ノートルダム寺院の尖塔デザイン公募へ、修復巡り賛否両論 - ロイター (Reuters Japan)
フランス政府は17日、ノートルダム寺院(大聖堂)の火災で焼け落ちた尖塔の修復に関し、デザインを世界中の建築家から公募すると発表した。
(出典:ロイター (Reuters Japan))


jp/sports/news/2017/04/15/kiji/20170415s00026000384000c.html 2017年4月15日閲覧。  ^ “仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊”. AFPBB NEWS. (2019年4月16日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220930
40キロバイト (4,012 語) - 2019年4月16日 (火) 14:00



(出典 www.chunichi.co.jp)


今後を見守りたい

<このニュースへのネットの反応>

もともと大聖堂って建設に100年掛かったりで、右と左の尖塔の様式が違うとか、基礎と上部の様式が違うなんてザラだからな


(ぼそ)金閣寺を鉄筋コンクリで再建するようなものだろ?


ノートルダムをならってつくられたものにサントゥスタッシュ教会というのがある。建てるのに時間がかかりすぎて、外はふるい様式、中はあたらしい様式になってる。それはパリで最も美しい教会といわれたりいわれなかったりしてる。さて、どうしようか?


別に外観は前のやつでいいのでは?内部は、漆喰でも塗れば?


元通りにしないのは「修復」じゃなくて「改造」


保存を目的とした修復してたはずだろ?なのに建材含めて原型が分からないようなことしたらノートルダムじゃなくてもいいんじゃね?伝統や文化など歴史を伝えることを目的として遺産にしてたならそこ曖昧にしちゃダメだろ


復元じゃないなら寄付しないですw


南大門という修復?な例もあるだけになぁ…


完全に再現するとなると金がかかるからね。1000億以上寄付が集まってるならできるだけ工費を浮かしたいじゃない。


尖塔自体が19世紀のものだし、創建当時から何十回もリニューアルして現代の大聖堂があるので、原型ぶっ壊すようなのじゃなければどんどん改造していいんですよ


*な


自分らの金でやるんなら好きにしろって思うけど、寄付してもらった金でやるんだからそれは先に言えや。


デザイン以前に、内部の木組み構造を耐火性のものに取り替える方が先決だろ。火事後の内部映像見たらあんなに木組みが使われてるとは思わなかった。よく「ヨーロッパの古い建物は石造りだから長く保つ」なんて言われるけど、実は木組みの上に石貼っただけのものが多いってことがよくわかった。長く保ってるのは単に地震が少ないからってだけ。


国や地域によって温度差はあるけど、ヨーロッパの人って基本的に古い建物の保護って言っても原姿にはそんなにこだわってないんよ。意外にも。むしろ元のままにこだわるのは日本人の方。それと米国人も全体としては元のままにこだわる方やね


よく知らんけど、宗教的な建築物って柱一本にも意味を持たせたりしてるんじゃないの?「燃えたし丁度いいから今風にしようぜ」ってそりゃ批判もされると思うけど。


デザイン変えたらそれはもう別の建物なんじゃないかと思うけどな


いい機会だからモスクの様式を取り入れよう!多文化主義だからね、パリの象徴として多くの宗教を反映させるべき!


今度は違う意味で燃えそうなんだが大丈夫?寄付金ポッケにいれたりしてない?


デザイン変えたらそれはもはや修復じゃなくて改築だと思うのですがそれは


過去にもデザイン変更があったことを考えれば、壊れた時に思い切って改造するのも、それはそれで伝統なのかもしれない。個人的には、余計な事をせず以前の姿で再建してほしいけど。


そもそも18世紀に尖塔つけ加えられてデザイン変えられてるんだけどどうする?12世紀のデザインのにする?それともそのまま? とかそんな話なんじゃないの?


船がある、修理のたびに部品を交換する、そうこうしているうちに全ての部品を取り換えてしまった。これは元の船と同じと言えるか?って問思い出した


日本だって仏像を地味な色にしたり、お城にいろいろ現代的なもの追加してるけどどうなんだろ。パリのノートルダムも一度廃墟になって再建したのが今の姿らしいが


大阪城への賛否と似てるかも。豊臣時代は埋め立てられてるから再現不能、徳川時代はあまり良い印象がない。そうこうしてる内に、折衷的に作られた模擬天守閣が近代建築として文化財になってしまった。


フランス人が決める話だし、落ち込まずに次の話が出来るなら大丈夫か


伝統を重んじるカトリックなんだし、なにより「復活」こそふさわしいと思う。


価値観の違いかな?日本ならば、熊本城の石垣修復のように破損する前の姿に戻そうとするだろうが、西洋は時代時代での違いとして現代の様式も取り込んで修復して、さしずめ21世紀バージョンのノートルダム寺院を造ろうってことなのかも。


デザインをあえて変える意義ってあるんだろうか。


どちらにせよ30世紀には歴史的建築物になってるしいいんじゃないか。


史跡として復元するか、現役の施設として改良するかの悩み所さん


これ、火曜日に報道で見たけど、火災のその日のうちに「歴史に類のない大惨事だ。世界中から寄付を募る。」って大統領が言ってたので笑ったわ。文化遺産の惨事はわかるけど、こういう宗教系文化遺産は黙ってても寄付があつまるでしょうに、国を挙げていうことがのっけからお金ちょーだいかよ!と。


んー、でも記事読んだら、尖塔って建築600年に追加したものなんでしょ? 逆に大元に戻すという選択もあるんじゃ


この尖塔の部分だけは、19世紀半ばの修復で改造されてる部分だから、12世紀の元祖に戻すのも、さらに別の新しいのに変えるのも、まあありなんじゃね


>われわれの時代の技術と兆戦を反映した  どうもこういうのって後世の建築家が世界的な重要建築物の場を借りて自分の業績を介入させて名を上げたいだけに見えてしまうな。そういうのは別に新しい建物を建ててそこでやったらいい。少なくとも『修復』という名目でそれをやるのは禁じ手だと思うが。元の姿に戻る事を望んで寄付や支援した人を裏切ることにもなる


外装変えたら単なる新築になると思うんだが、まあよそ様のことだしな。


世界遺産に登録されている以上、修復に関しては相当厳しいガイドラインが存在するんじゃなかったっけ。ユネスコに怒られるでこれ。


改悪改変したい奴はどこの国にもいるんだな・・・