画像はツイッターをキャプチャ

コカイン使用の疑いで3月12日に逮捕されたピエール瀧容疑者(51)について3月15日音楽家坂本龍一さんがツイッターで言及した。電気グルーヴのCDおよび映像商品が出荷・配信停止され、在庫回収されている状況であることをあげ、

「なんのための自粛ですか?電グルの音楽が売られていて困る人がいますか?ドラッグを使用した人間の作った音楽は聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない」

コメントしている。

【関連記事:電気グルーヴの配信停止で「CDはまだ必要」の声 「オールドメディア回帰の流れが顕在化」と識者

関連商品が市場に出回らない状況へ 今後公演のライブ、フェスも出演キャンセル

リプライ欄では、「ビートルズもストーンズもクラプトンも日本では聴けないな」「洋邦新旧問わず多くのドラッグ使用者の楽曲が今まさに販売されてる」など、坂本さんに共感する人からのコメントが多く寄せられている。

一方、薬を使用した人間の音楽を聴きたいか否かの話ではなく、違法薬物使用がどれだけ社会的に影響を与えるかの問題だと指摘する人もいた。

瀧容疑者の逮捕を受け13日、所属するソニーミュージックレーベルズは電気グルーヴおよびピエール瀧に関するCD、映像商品の出荷停止と店頭在庫回収、また音源や映像の配信停止を発表した。

また今月15日、16日に予定していた電気グルーヴ30周年ツアー公演、4月28日に出演を予定していた音楽フェス「ARABAKI ROCK FEST.19」のキャンセルも発表された。




(出典 news.nicovideo.jp)

【ピエール瀧逮捕】坂本龍一「なんのための自粛ですか?」「音楽に罪はない」 電気グルーヴの出荷停止に異議 - キャリコネ
画像はツイッターをキャプチャ コカイン使用の疑いで3月12日に逮捕されたピエール瀧容疑者(51)について3月15日、音楽家の坂本龍一さんがツイッターで言及した。
(出典:キャリコネ)


坂本 龍一(さかもと りゅういち、Sakamoto Ryūichi、1952年1月17日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト 。東京都出身。 世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にある
91キロバイト (11,148 語) - 2019年2月4日 (月) 10:28



(出典 www.cinemacafe.net)


賛否両論あるようですね!

<このニュースへのネットの反応>

芸能人など著名人が犯罪を犯すと社会的影響力が強いので、著名人は日ごろからコンプライアンスやモラルには一層気を配る必要がある


音楽に罪はない。作った人に罪がある。著作権を放棄して、その間の繋がりを断つならいいよ


関わりあるでしょう?違法な薬で作った曲ってダメでしょ


シンプルに考えよう【見せしめ】です。どんな有名人でも悪いことをしてはいけません。というメッセージです。


何も知らずにその作品を「素晴らしいもの」と感じても、後から製作者に何か問題があると分かったら急に「ダメなもの」に変化するんだろうか。芸術って何なんだろうね。


坂本っさん、そんなモン言われなくても皆さん百も承知ですよ。ただ僅かに存在する不謹慎厨はじめとある種の連中から身を守るため、対応策がまとまるまで一時的に防火シャッターを閉めただけに過ぎない。


教授にも色々言いたくなる事あるけどやっぱり音楽に罪はない


何が腹立たしいかって、これを機に稼ぐ転売屋ですわ。 これこそ不謹慎の極みですね...


Kanoto 芸術は作者の一部だからな。薬使って作った曲は否定されるべきで、音楽や作品にも罪がある


仮にこの件がすぎやこういち先生なら(ありえないけど)大賛成したと思うよ。


坂本龍一(の政治的信条)はあんまり好きじゃないが、これはその通りだよな創り出した人の人柄や言動と創り出した作品は切り離されるべきだと思うわ


この意見は理解できるけど、別に誰も音楽に罪があるから自粛してる訳ではねえよ


ロックもジャズもクラシックも文学も芝居も、今の世の中じゃ到底受け入れられないようなろくでなしがやっていた時代が一番輝いていたっていうのは皮肉だよなー


ジャッジ・アイズ「ですよね~」


曲が売れれば逮捕された男に幾ばくかの印税が入る。要は『我々は犯罪者・反社会勢力には与しませんよ』っていうアピールをレコード会社は世間様に対してやりたいのさ


薬物を使っても許される世界なら薬物はもっと広がると思うが?今後一切出してはいけないなんてことはないがある程度の自粛は必要だろ。


音楽についていうならその通りだけど、世論的には「販売続けるとは何事か!」って感じで燃焼剤になるから…。


反対に「こういう人の作品は聴きたくない」という人が「非難される」のもおかしい。だから中間をとって「販売の自粛」となるのでは?違反した人が堂々と仕事に復帰してきて「嫌うのは聴く側の責任、俺は服役してきたし知らん!」と開き直られても困る。それは償ったのは分るが「何をしても許される」というものではないし、人道的な事と法律とは違う。つまり世法と法律の和解は本人次第。


犯罪者だろうがなんだろうが、素晴らしい作品は素晴らしい。


いやいや、はじめから法を犯さなきゃいいだけの話なんだが、芸術は特別扱いしろってことか?


はぁ?この犯罪者が出演してた作品は販売自粛を余儀なくされてるのに、犯罪やらかした本人の作品はそのまま売れってか?頭リベラルか?


昔の人だと、薬物使用しても歴史的に残ってる曲もあるけど、今問題なく聞くのは違うかなぁ...全て終わった後で、それでも価値があると評価されるのなら残るのであって、今は社会的影響で音楽の価値にかかわらず停止しておくべき時じゃないかな。


Twitterでぼやいてないでソニーに直接言ってくださいな。


CDが売れて本人に少なからずとも金が回る可能性があるのはあまり良くないのでは?それよりもテレビとかで「良い人で~」みたいな芸能界の身内贔屓に庇うのやめてほしいわ


忌野清志郎さんも坂本龍一さんのように音楽に罪はないと擁護してたけども、音楽やってる人の薬物に対する認識が甘いと思う、薬物やった人は永久追放ぐらいあってしかるべきだと思いますが?


音楽聞いて作曲者や歌手を調べたり気にしたりしない人間だけが言っていい言葉


芸術としての評価と販売の自粛を一本で結ぶなよ時代に取り残された反原発のアホジジイ。マジモンのスナッフフィルムがあったとして、芸術性が高いから売るべきだと?映画に罪はないと?「彼の芸術性を保つために違法行為は容認されるべき」?消えろよまじで。一般人の数千倍は電力使ってる人種のクセに反原発とかほんと笑わせる。


この手の主張をする人ってなんで直接映像会社や配信会社に言わないんだろう?あげくはニホンブンカガーとかニホンシャカイガーとか。*じゃないの?


自粛せずに販売を続けて批判を浴びればレコード会社が困るんですが?音楽に罪はないしレコード会社にも罪はない。悪いのはすべてピエール瀧だろ。


どんな犯罪でも、被害者の有無に関係なく、ドラマや音楽など作品の公開を自粛する必要はないと僕は思っているけどなぁ。


芸術・最先端の技術を生み出す人は、どこか頭の中が違う人が多かった。一般の人が人と違うものを生み出すには薬も要るのかも。各薬物が体に悪いと判明するまでは使っていても何もなかったのに。各作品には罪は無いのに、世の中から葬るとは。ほんとこの国は無駄なことをする。だから無駄な時間外労働する。


「薬物に手を染めた人の音楽がアウト」という理屈ならチャーリー・パーカーもデクスター・ゴードンもレスター・ヤングもジョン・コルトレーンもビリー・ホリデイも駄目ってことだよな。アホくさ。