白血病であることを公表し、現在闘病中の競泳女子・池江璃花子選手(18)が6日、自身のツイッターを21日ぶりに更新し「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます」と、つらい現状を報告。それでも「負けたくない」と強い思いを記した。

【動画】骨髄バンク登録の重要性説く「せやろがいおじさん」

 池江選手のつぶやきにフォロワーからは「今まで頑張ってきたんだからこんな時は弱音吐いていいんです!」「治療でとんでもなく辛い時は1番自分を労わって褒めてあげる時だと思います、私はそうでした。沢山自分に優しくしてください。どうか無事ひとつの峠を乗り越えられますように」「がんばれ。りかこちゃんなら勝つ。絶対勝つ」など、励ましの言葉が続々と届いている。

 池江選手は、先月12日にツイッターを通じて白血病と診断されたことを公表。「未だに信じられず、混乱している状況」と率直な思いを記した。池江選手の公表に、競泳界だけではなく、各界、そして世界から激励の言葉が届いた。

 翌13日には「皆様からの励ましのメッセージの中に『骨髄バンクの登録をした』『輸血、献血をした』など、沢山の方からメッセージを頂きました。私だけでなく、同じように辛い思いをしてる方達にも、本当に希望を持たせて頂いてます」と感謝の思いをつづり「必ず戻ってきます」とメッセージしている。

競泳・池江璃花子選手 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

池江璃花子 闘病苦しみ吐露「思ってたより数千倍しんどい」3週間ぶりツイッターで - デイリースポーツ
2月に白血病と診断されたことを公表し、闘病に入った競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が6日、約3週間ぶりに自身のツイッターを更新し、「思ってたより、数十 ...
(出典:デイリースポーツ)


花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2019年2月15日現在、個人種目11個とリ
178キロバイト (7,502 語) - 2019年2月26日 (火) 05:27



(出典 www.sankei.com)


快方に向かって欲しいと心から思うばかり…

<このニュースへのネットの反応>

若いと進行が速いからなぁ…それを治そうと思うと本当に大変だと思う、でも治らない病気ではないから、何とか踏ん張ってほしい…難病みたいに治らないわ現状維持が最高水準だわ、よりはましだから(そういう人間)


頑張ってください・・・などという無責任なことは言えません。


急がなくていいから…ゆっくりでいいから万全の状態で帰ってきてください


どうかご無事で。一日でも早いご快復をお祈りします。


一級の競技者がこれ程の弱音を吐くとは一体どういう次元の苦痛なんだ・・・


とにかく副作用がきついんだよな。こればかりは治療前に明確に想像することは出来ないから、実際に治療が始まって愕然としているのだろう。なかなか根治しない症例でも、最近はCAR-T療法が始まっているので希望を捨てずに負けないでほしい。


いや、もうほんとに周囲の声気にしないで自分や自分の大切に思うものに専念してほしい。なるべく治療以外のしんどさは抱えないでいいように。書き込んでる自分もあれだけど・・


今のこの国に欠けている精神は「そっとしておいてあげる精神」に尽きると思う。心配、頑張ってほしい、これを「思っても敢えて口に出さない気遣い」がない人が多すぎる。そこに悪意がないから余計質が悪い


「頑張れ」だとか「今まで頑張って来たんだから」だとか、よくも無責任な言葉の剛速球をぶん投げられるものだと思う。上のうさぎさんも書いてるけど、思っていても口に出さないことのいかに大切なことか。


アスリートが白血病ってとこに注目されがちだが、まだ18歳の女の子なんやな


??「そりゃ しんどいでしょ」


闘病は孤立との闘いでもあるんだけどな。そっとしてほしいならつぶやかないだろ


頑張ってない人が頑張ってる人に言う「がんばれ」ほど無駄なものは無いよね。黙って骨髄バンクに登録しなさい。