ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・究極のマヨネーズが作れるおもちゃが発売
・自家製マヨネーズでふわっと食感
3月28日に発売

究極のMYO

タカラトミーが究極のマヨネーズを作る事が出来る『究極のMYO』を発表。
オリジナルの自家製マヨネーズが作れるというマヨラー歓喜の製品だ。

『究極のMYO』は二層ミキサー構造になっており、下層では白身を混ぜて作るメレンゲを、上層では黄身と調味料オイルなどのマヨネーズの味となる部分を別々に作る。最後に下層と上層を会わせると、口の中でふわっととろける“生マヨネーズ”になるという。

究極シリーズは過去にたまごかけご飯の『究極のTKG』、納豆の『究極のNTO』と発売してきており、今回で第三弾となる。

『究極のMYO』は4500円で2019年3月28日に発売となる。

発売時期:2019年3月28日発売予定
メーカー希望小売価格:4,500円(税抜)
商品サイズ:W207mm×H138mm×D161mm
パッケージサイズ:W165mm×H160mm×D143mm
商品コード:4904790523298
電池:単二アルカリ電池3本使用

関連:タカラトミーアーツさん 今年は納豆を究極においしくするマシンをリリースする模様
関連:あの「全自動タマゴ割り機」が実際に開発されるwwwww

究極のMYO

究極のMYO1

究極のMYO2

究極のMYO3

究極のMYO4

MYO



(出典 news.nicovideo.jp)

マヨラー歓喜 究極のマヨネーズが作れる『究極のMYO』が登場! 自家製トロトロマヨを作れ - ニコニコニュース
ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・究極のマヨネーズが作れるおもちゃが発売 ・自家製マヨネーズでふわっと食感 ・3月28日に発売 タカラ ...
(出典:ニコニコニュース)


株式会社タカラトミーは、東京都葛飾区に本社を置く日本の玩具メーカー。2006年(平成18年)3月1日に大手玩具メーカーであるタカトミーが合併することによって誕生した。 なお、合併から現在に至るまで、英字商号に前身の一社である「タカラ」の社名が入っておらず、存続社の商号であるTOMY COMPANY
36キロバイト (4,352 語) - 2019年2月26日 (火) 10:37



(出典 gahag.net)


3月28日に発売予定!!

<このニュースへのネットの反応>

異世界に持っていかなきゃ!


こ・・・、これはドウシシャあたりが売っててもおかしくはない調理器具!


土方十四郎が喜びそうな一品


これと自動卵割り機の融合を!w


ゲームは作れないがおもちゃは作れる会社


マジかよキューピー株売ってくる


多分そう遠くない未来に誰かが東方MMDモデル向けに


異世界にもっていけないじゃん


タカラトミーのこのシリーズは良く壊れるってんでおなじみだから優しく扱えよ


多分そう遠くない未来に誰かが東方MMDモデル向けに『究極のMYON(みょん)』(装置のロゴマークが半霊になってる)を配布してくれそうな気がする


面白そうだけど、3回くらいやったら飽きる気がする


マヨネーズにメレンゲ混ぜても油分ですぐ泡消えそう


・・・マヨネーズは元から生じゃねーの?


とりあえずミキサーで一度作ってみようかな


ライディーンすき 東風もすき


泡立っててくっそ不味そう


使った後洗うのめんどくさそう・・・とか思っちゃダメなんだろうなぁw


2回ぐらい使ったら飽きそう


マヨネーズには多少こだわり持ってる方だけど、いわゆる原材料から作るのは簡単にはいかないと思う。それこそ卵や酢との絶妙な配合がキモだから。ちなみに自分の中で一番のマヨは20年位ずっとケンコーのからしマヨネーズ業務用(調理用の容器に入っていないタイプ


TOMYファミスコ60Sなんてーのもありました(今はBORGになってるけど)


「そうじゃねえ、俺はマヨネーズが好きなのではない。キューピーマヨネーズが好きなんだ!」って人もいるのではなかろうか


攪拌率はどのくらいなんだろう。電動ミキサーレベルなら買う必要もないし、業務用レベルでやっとマヨネーズの滑らかさにできるのだが。


これ、マヨネーズだけでなくお菓子作りにも便利そうだな


黒酢やバルサミコを使ったブラックマヨとかも出来るのか…油も工夫したら面白そうだ。タルタルソースとかも自作にこだわりたいけどめんどくさそうで迷ってる人にはいいかも。