mary

 イタリアのとある聖堂のために、ルネッサンス時代の画家、カルロ・クリヴェッリが描いた壁画がある。「聖エミディウスを伴う受胎告知」というこの絵は、マリアの受胎の場面を描いたものだ。

 現在では、ロンドンのナショナル・ギャラリーに展示されているこの絵が、最近になって、一部の人々の注目を集めているのである。

 芸術的、あるいは宗教的な価値が見直されたとか、そういった話ではない。過去にエイリアンの侵略があったと信じる人々が、この絵に描かれている「あるもの」に気がついたのだ

―あわせて読みたい―

中世宗教画にUFOが描かれている理由とは?その謎に迫る。
レオナルド・ダヴィンチはモナリザの中にエイリアンの証拠を隠していた?
世界的に有名なあの絵画には謎が隠されていた!?科学者たちが挑んだ11の絵画に秘められたミステリー
なぁんだ、昔来てたんやん!ってなるエイリアンが地球上にいたとされる15の残された証拠案件
UFOなのか?謎の円盤が描かれた古いフランスの硬貨

空の部分に描かれたこれは何?

 では、問題の絵の全体像を見ていただこう。

whole-picture


 ご覧のように、この絵では、右下の室内にいるマリアに壁を通して光が当たっている。そして、その光の元を辿っていくと、上空の「あるもの」に行き当たるのだ。

halo

 キリスト教的な解釈をすれば、この「あるもの」は、天が開いて現れた、神の栄光による光輪である。ここから金色の光で表される道筋を通って聖霊が降り、マリアに「神の子イエスを受胎させるのだ。この出来事は、「処女懐胎」「無原罪の御宿り」などと言われる。

 おそらくは、マリアのすぐ上にいる鳩がその聖霊である。そして部屋の外には、マリアに受胎を告げた天使ガブリエルが控えている。

mary

光輪か、UFOか

 では、UFOエイリアンを信じる人々は、この絵をどのように解釈しているのだろうか?

 彼らは光輪を円盤型のUFOであるとみなす。したがって、イエスは「神の子」ではなく、マリアエイリアンに攫われ、遺伝子工学によってイエスを受胎したのだ、という主張になるのである。

 また、彼らはこうも主張する。

 「屋内にいるマリアに光線が当たる、というのは、現代におけるエイリアンによる誘拐の方法とも一致します。大勢の人々が、攫われた時には屋内におり、奇妙な光が建物の外で輝くのを見た、と証言しているのです」

wall

この絵自体はUFOの決定的な証拠になるわけではない

 いずれにせよ、この絵が描かれたのは1486年のことであり、それが何であれ、描かれている出来事を画家が自分の目で見たということはありえない、と指摘するのが、ジャック・ヴァレ氏だ。

 ヴァレ氏はコンピュータ科学者であり、また、アメリカにおけるUFO研究の権威でもある。そのヴァレ氏によると、この絵が描かれた15世紀から聖書の時代にまで遡る数々の芸術作品には、UFOを描き写したとしか思えない、このような事象が多く見られるのだそうだ。

 この絵がエイリアンの存在を示す直接的に証明するとは、ヴァレ氏は主張しない。むしろ、古代よりUFOが目撃され、報告されてきた、その大きな流れの中にある証拠の一つと捉える。

 「中世の誰かが空に丸いものを見たからといって、それが現代の我々が見ているものと同じ現象であると単純に決め付けることはできません」とヴァレ氏。「我々は単に、人々が見たものとそれに付随する現象を、これらの事象の歴史を辿る研究に寄与するものであると述べるのみです」

 このような事象が描かれた一例としては、イエスの十字架を描いた11世紀のフレスコ画に「UFOらしきもの」が登場している。


Flying saucers in Jesus painting?
References: Ancient Code / written by K.Y.K. / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52271136.html
 

こちらもオススメ!

UFO宇宙人についての記事―

アメリカ政府の極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に関する9つの事実
異星人の証拠か!?と期待された10の出来事
エリア51の地下に何があるのか?Google Earthで発見されたエリア51付近にある巨大な穴の正体は?
UFOなのか?アメリカ国防総省、ペンタゴンの上空に巨大な三角形の飛行物体が浮かび上がる
今見ている月の姿は1.3秒前の過去、太陽は8分前の過去。星空で過去を旅してみよう。

―知るの紹介記事―

巨大タコ?クジラ?浜辺に打ち上げられた謎の巨大肉塊「グロブスター」の正体をめぐる研究者たちの物語(アメリカ・1896年)
自然が魔法を使ってきたぞ?リンゴの木の枝になっていたのは、氷でできたリンゴそっくりの実!!(アメリカ)
家計を助ける為、雪道をひたすら歩き続ける少年に訪れた奇跡の出会い(アメリカ)
だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)
【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
UFOなの?懐胎なの?陰謀論者がざわめく聖母マリアの絵


(出典 news.nicovideo.jp)

UFOなの?懐胎なの?陰謀論者がざわめく聖母マリアの絵 - ニコニコニュース
イタリアのとある聖堂のために、ルネッサンス時代の画家、カルロ・クリヴェッリが描いた壁画がある。「聖エミディウスを伴う受胎告知」というこの絵は、マリアの受胎の場面を ...
(出典:ニコニコニュース)


受胎告知』(じゅたいこくち、伊: Annunciazione)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチとアンドレア・デル・ヴェロッキオが1472年から1475年ごろに描いた絵画。フィレンツェのウフィツィ美術館が所蔵している。 『ルカによる福音書』1.26 - 39
8キロバイト (863 語) - 2019年2月16日 (土) 10:59



(出典 3.bp.blogspot.com)


これらの絵自体はUFOの決定的な証拠になるわけではない!!

<このニュースへのネットの反応>

「現代におけるエイリアンによる誘拐の方法とも一致します。」←(`・д´・ ;)!?


直線に見えるが、凄い角度から凄い曲線を描いて光が届いてるのでは。


せめて、頭じゃなくてお腹(子宮)に光当てたら?


仏陀の誕生も白い象型のエイリアンのせいとか言いそう


まずよっぽど空気が汚くてけむたくないと、光帯って見えないよね


話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!


デチャニ修道院にある『キリストの磔刑』、アールト・デ・ヘルデル作『キリストの洗礼』、マゾリーノ・ダ・パニカーレ作『サンタ・マリア・マジョーレ聖堂の建立』、バスティアーノ・マイナルディ作『マドンナと聖ジョバンニーノ』…確かにキリスト教の宗教画にはUFOが多い。宗教画の通例とかでは説明のつかない描写もかなりあるし。


TOCANAはカラパイアに改名したのか?


光ではなくスパゲッティ・モンスターのヌードル触手だとすれば全ての説明がつく


必殺技マリアファイナルブラスターでUFOを撃退した図


ΩΩΩ<な、なんだってー!?


TOCANAの方が10倍面白いんだよなあ


 本来、この描き方は大分正しいだろう。ミケランジェロはエローヒムを気安く書いたりもしていたが、モーセにすら神は姿を見せないし、キリストにも然り、まして人間には見えないものだから。 そんなことで大騒ぎするよりか、キリストの個人崇拝のせいで良く解らんくなった教義の見直しに努めるんだな。ムハンマドも然り一神教は神格化の過程でとちってるんだよ。


そらTOCANAは、サイトそのものが、オカルトサイト自認しているんだから、自然、振り切れ幅がでかくてキャッチーだわな。それをニュース枠で流す、ニコニュースが異常なだけで。まあ、その程度とニコニュースが自称しているともいえるけど


TOCANAかと思ったら違った