東京都内の美術大学5校が参加する展覧会のポスターデザインをめぐり、SNS上で賛否両論を呼んでいる。

見る人の意見が真っ二つに分かれる独特なデザイン。制作者に意図を聞いてみると......。

「デザインとは何かを考えさせられる」

女子美術大、東京造形大、日本大学芸術学部、武蔵野美術大、多摩美術大が共同で開催する「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」。今年で42回目の伝統ある展覧会で、毎年約6万人以上が訪れる。

今年は2019年2月21日3月3日の期間、国立新美術館(東京・港区)で行われる。

SNSで議論となっているのは、展覧会のポスターダイレクトメール、冊子に使われたデザインだ。広報物は開催校が持ち回りで担当し、今年は多摩美大が制作した。

フリーハンドでさっと描いたような中心の円に参加大学・学科が書かれており、脱力感いっぱいの仕上がり。背景の斜線や罫線も手書き風だ。昨年はピンクと青のグラデーションを基調とした落ち着いたデザインだけに、「異様さ」が際立つ。

ツイッターでは、「手抜きすぎる」「アートやデザイン、美大という『権威』に対する強烈な皮肉ともとれる」と賛否を呼び、そのほか、

デザインとは何かを考えさせられる」「良かったのか悪かったのか判断が難しいところだけれど、結果的に話題になったからデザインした人の勝ちかな」

といった意見もある。

製作者は多摩美大教授

多摩美大総合企画室の担当者は1月21日J-CASTニュースの取材に、制作したのは同大の服部一成教授(54)だと明かした。

服部氏は広告会社でデザイナーとして活躍し、その後フリーに。15年から多摩美大のグラフィックデザイン学科で教鞭を執っている。キユーピーキユーピーハーフ」やキリン「淡麗グリーンラベル」の広告デザインで知られる。

今回のデザインの意図について、担当者は

「服部一成教授はデザイナーとして、既成の概念にとらわれないグラフィックの表現を続けてきました。若い美術家たちの展覧会である五美大展に対しても同様です」

と説明した。

J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今年のデザイン


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 bidai.tv)


 手抜きなの??

<このニュースへのネットの反応>

佐野研の多摩美にはお似合いのデザイン。他の4校がやったらびっくりだけど


いだてん よりマシ


芸術と認めるやつがいればそれが芸術


最低限記号として機能しなけりゃデザインもクソもないんですがね。右の「連合」へのライン被りとかさ、読み手への判読しやすさとかもさ、これから学んでいきなね?


現代アートはよくわからんのじゃぁ~


現代アート先輩の方がよっぽどわかりやすく、メッセージ性があるゾ


出展作品ならともかく、万人に周知させる、って前提のある告知ポスターやパンフに使っていい代物かどうか、いろんな人の意見を聞いた方がいいよ


何かを考えさせたのなら成功なのでは


印象に残らないデザインだから卒業生が可哀そうかなーって


アートとしてはいいかもしれんが、広告デザインとして見たら、大事な情報の文字部分と斜線を被せて読みにくくしてるのは告知ポスターとしては失格でしょ


小学生の落書きも、やっつけパワポもアートと自称すれば成立するのね。言ったもの勝ちじゃん。


*ーは自作品でやれってところか?


今年の学生が作ってるものなんてこの程度ww ってこき下ろしてるんでしょ、素直に受け取れば。それ以外の解釈は難しいな


目立てば勝ち!という目先にとらわれてる人間がたどりついてしまう末路


こんなクソでも話題になったらokな世の中なんですよっていう風刺を装った手抜きですって本人が言ったら天才


中学の時、アートのつもりでこんなの作ったなあw と思ったが作ったのは学生じゃなく54才かよ。文字のおかげで最低限の情報は伝わるけど、展示作品の質までこんなものと誤解されるかもよ。それを嫌がる出展者もいるんじゃない?


沼かな


これにGOサイン出してくれる人たちがいなかったらひと目にもつかなかったかと思うと、手塚治虫の「ばるぼら」を思い出しますね。選考委員の方々お疲れ様です。


このポスターを見て、「展示を見たい!」と感じるかどうか。卒業生のみなさんはよく考えるように。


佐野研二郎のオリンピックロゴよりはよっぽど真剣に作ってると思うけど。


この作品は、何を伝えたくて制作された?ただ綺麗だとか絵が上手いだけでは芸術とは言えないだろ?これは上手くも綺麗でもないが、ただの自己満足の作品だ。少なくてもこれを見て美大展に行こうとは思わない。


タレントが描いた下手*な絵が芸術だっつって高値で取引されたりするし元からよくわからん世界だろ。


どこまでが美学なのかという論争だろうが、出来損ないは出来損ないと判断できないとウンコも死体も人の唾も汚いのも芸術・美学と一般的に考えられるからこれを見て私も描けると思ったらあなたも凄腕の芸術家かも?


実績があった上でこうなったなら、ピカソと似たようなものじゃない?ピカソの若い頃の絵を見ると、どうしてああなったのかとびっくりするし。


↑ゴッホ「かなしいなぁ」


結局芸術だなんだってありがたがってる連中のほとんどはそれに「値」がついて資産運用ができるからだろ。その作品そのものに興味がある人間がはたしてどれほどの割合いるんだか


芸術は分からんが人目を引くのは確か


ポスターの前で目を止めさせたら勝ちだよこれは


こんなの好みの問題だろう


例のスープ缶コピペだって大論争になったわけだしこんなもんやろ、規範を設けたら創作は*るって


共同で開催するのやめーや笑